スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況!

こんにちは、稲葉うさぎです。

何となくお久しぶりなきがするのですw

まあ、私自身なんやかんやあって、むしゃくしゃして、そうしたら、「書きたい」って思ったんです。

不思議なものですね。

書いてるといやになっちゃうのに書いてないと書きたいと思う。



☆☆☆
 パラサイト
 

 嫌な予感はしていた。久しぶりのメールでただ「離したいことがあるから会いたい」なんて。
 そんな別れ話フラグ全開の空気の中私は彼との待ち合わせ場所に車を走らせていた。
 聴くでもなく流していたカーラジオからは「love is over」。これってどんな嫌み?
 今日はやけに信号で止まる気がした。

「お待たせ」
 そう私は満面の笑みで言った。つもりだった。もしかしたらその顔は引きつっていたかもしれない。
「おう」
 と言う彼の顔は、夏の終わりの夕暮れのようにどこか寂しげでよそよそしかった。でも、そんなことには気づいちゃいけない。今こそ鈍感力がものを言うのだ。

 彼と私は付き合ってもう5年くらいたつ。一時期は同棲までしたのに、今はこうして別々の県に住んでいる。きっと、頑張れば遠距離恋愛をしなくても住んだはずなのに、なぜかお互いに今の状態を選んだ。
 それは、恋とか愛とかって感情が薄れたからだったのかもしれない。
 いつもの場所。それはお互いの家の中間地点のファミレス。そこでいつも少し話して終わり。
 今日もいつもと同じ雑談タイム。なのに違うのはこの空気。

「俺らって付き合っている意味あるのかな?」
 その言葉を聞いても驚かない。
「終わりにしよう」
 これも、計算済み。
「もう、私のこと嫌い?」
「そうじゃなくってなんて言うか……」
「飽きた? 私なんかと一緒にいるの飽きた?」
「……平たく言えば、そうかもな」
「でもね、私思うんだ。ずっと一緒にいたら飽きるものじゃない? 5年も10年も一緒にいてラブラブってそれはうらやましいけど、そんなことないと思うんだ。だってさ、うちの両親なんかもあんなんだよ? そりゃ20年も一緒にいたら飽きるって」
 彼は気まずそうに俯いたまま。かまわず私は話し続ける。
「……今は、私たちこんなに離れているけどこの先もずっとこのまんまなんて私思わないよ」
 彼は少し視線をあげて聞く。
「どういうこと?」
「つまり、私は家を出ても良いって思ってる。それに仕事だってこれでも少しは経験積んだんだから純君の家のそばに移っても良いって思ってる。そうしたらもう、私たち離ればなれじゃないよね。また一緒に住めるよね」
 彼の左口角が軽くあがった。気がした。
「え、ま。それはつまり……」
「私純君と結婚しても良いって思ってるよ」
 今度はあからさまに引きつり笑い。
「こういう言い方はトゲがあるかもしんないけど、俺、もうお前と暮らしたくない……」
 一瞬、彼の言葉の意味をとれなかった。私のとっておきのウルトラcはあっさりと、そしてはっきりと却下された。
「はぁ!?」
 そして、次にやってくる感情は怒り。
「あんた、何様のつもり? 人のせっかくの申し出をあっさりと蹴るわけ? 大体あんたの卒論助けてやったのは誰? 単位危ないときにたたき起こしてあげたのは誰? 誰のおかげで学校でれたと思ってるの?」
「いや、それは感謝してますが、お前のそういうところ無理。食器は割るわ、家電壊すわ、掃除はしないわ、料理は下手だわ。そんな女と結婚ってあり得ないでしょ」
 それ以降の会話はもはや私の記憶にはない。確かなことは私たちの関係は終わったって事と、ずいぶん長い間怒鳴りあった事、そして私たちは案外うまく共存してきたって事。

 純君。早く君の事をわかってくれる宿主探してね。私も探すから。

☆☆☆

勢いだけで書いた!

これは、半分フィクション。
でも、おおかた実話です。

あーあ、宿主……。

でも、しばらくは一人で良いわ。
スポンサーサイト

ぼくとはあたんの一ヶ月(ネタバッファ第1弾)

こんにちは。稲葉うさぎです。

しんどいよ(泣


前回、言ってみた書きかけを公開していこうという試み。

第一弾は「ぼくとはあたんの一ヶ月」です。

これは、何かおもしろいことしたいなって思って、書き口に変化をつけてみたくてやってみたことです。

基本的には非モテ男子×天真爛漫女子の恋愛を非モテ男子が論文風に回顧して「なぜ振られたのか」を考察していくって感じで書こうと思っていたのでしたが……。

煮詰まっちゃいましたねw







以下、エディタからコピペです。



--------------------------------------------------
■ ぼくとはあたんの1ヶ月
--------------------------------------------------
 --------------------------------------------------
 ▼ 散文
 --------------------------------------------------
  --------------------------------------------------
  ◆ イメージ
  --------------------------------------------------
  論文チックに書く。
  持論は私はけして引きずってない。
  
  最終的には、撤回と修正。
  
  姫野初芽の生態と行動~異性交友の現在と今後の展望~
  0,はじめに
  1,はあたんの生い立ち
  2,はあたんの基本性能
  3,著者との関係
  4,1ヶ月の概要
  5,結果
  6,問題点
  7,今後の展望
  
  
  おおいおおい
  --------------------------------------------------
  ◆ 設定等
  --------------------------------------------------
  姫野初芽(15)
  埼玉県阿留市出身。中学3年生。
  身長、150cm
  体重、50kg
  容姿:小さめ、丸く巨乳。毛は茶色っぽくよく緩く三つ編みにしている。整っているとは言い難い顔もどこか愛くるしい。
  性格:自由奔放、のびのびとしているが、実は悪舌。
  
  著者(15)
  埼玉県土子化市出身。中学3年生。
  身長、体重、普通
  容姿も普通。
  どちらかというと引っ込みがち、頭は良い。
  (基本的には自分のことについて触れない)
  
  --------------------------------------------------

 --------------------------------------------------
 ▼ 初稿的な
 --------------------------------------------------
  --------------------------------------------------
  ◆ 1
  --------------------------------------------------
  姫野初芽の生態と行動~異性交友の現在と今後の展望~
  
  0,はじめに
   筆者の姫野初芽(以下はあたんと記す)との、親しい日々を通じてはあたんの生態の一部を垣間見ることが出来たのでここに述べる。筆者は決して未練など感じておらず、はあたんとは話し合いのうちに友好的にお別れをしていることを最初に断っておく。なお、今回研究に当たりはあたんを陰から観察することがあったがこれは学問上致し方のないことであり、決してストーキング行為ではない。
  
  1-1,はあたんの基本性能
   まずははあたんの基本的性能について述べておく。
   姫野初芽《ヒメノハツメ》
   生年月日:199X年2月10日
   出生地:栃木県土戸科野《どこかの》村
   現住所:埼玉県斗阿留《とある》市
   血液型:AB型
   身長:151cm
   体重:50kgはないよとのこと(3月3日某ファストフード店において)
   相貌:端麗とは言えないが愛くるしい
   体型:スリムとは言えないが、胸はある
   性格:自由奔放だが時として残酷
   勉強:優秀とは言い難い(ただし理科は良)
   運動:すこぶる良い(球技大会では6打数6ホームランだった)
  
  1-2,はあたんの生い立ち
   父、誠司 母、良美の長女として栃木県土戸科野村に生まれる。両親にとって初の子供であったため、二人の愛の芽であったために初芽と名付けられた。その後、まもなく父、誠司が東京に転勤となり埼玉県斗阿留市に居を構えるようになった。折しも地価が猛烈に高い時期であった。なお、バブル経済と地価の変動については成書を参照されたい。
   その後、未曾有の大不況の中姫野家は第二子を授かる。3つ違いの弟は健《タケル》と名付けられた(なぜ初男でないのかは著者にもわからない)。はあたんは健を溺愛し、中学に入ってからも一緒にお風呂に入れると豪語していた(2月24日公園にて)。それはブラコンというのでは? という質問に「純(著者の名)より愛しているもん」と言い切った。
  
  2-1,著者との関係
   200X年2月13日までクラスメイト(ほとんど話したこともない)
   200X年2月14日から恋人
   200X年3月16日(ここの線引きは議論の余地がある)から再びクラスメイト
  
  2-2,1ヶ月の概要
   ここまで、便宜上1ヶ月と述べてきたのだが、厳密には25±3日であることに留意されたい。この終結部においては定義が様々であるが、ここでは「片方の愛情がなくなり、もう片方がそれを認めること」(斗阿留中2年2組有識者ら、200X)の定義を元に考える。ゆえに、心理過程は複雑であるからして、±3日間の余裕を持たせた。交渉が長引いた、こじれた訳ではないことを前もって断っておく。
   ここでは、時間軸に沿って大まかな出来事を経緯を追っていく。
  
   200X年2月14日
    著者がはあたんより、チョコレイトを送られる。それは、クラス中に蔓延していた事象であり格段特別ではないと判断したのだが、帰宅後「これは本命チョコだよ(イラスト略)」という手紙が混入しているのを発見し、友人経由ではあたん本人に連絡を取ったところ「斗阿留信用金庫駐車場に来い」との旨要求を受け、斗阿留信用金庫駐車場へ向かったところ「純くんって頼りないから私が守ってあげたいの」と言われた。言わんとすることがわからないので「どういうこと?」と質問すると「私が付き合ってあげるって言ってるのよ!」と語調を強めて言われたため「あ、はい」と返事をした。これが、すべての始まりであった。
  
   200X年2月15日
    登校すると記者会見張りの囲み取材を受けた。しかし、筆者が答えることはほぼなく、はあたんが答えていった。休み時間もなぜか時間を共有することになり、下校も共にするという事態に陥った。「付き合うってそうゆうことだぜ」(中村ら、200X)とのことなのでこれが通例であるらしい。思春期男女間の恋愛(とくに心理面)については筆者の専門外であり、ここでは深く触れない。詳細は成書を参照されたい。
  
   200X年2月21日
    このような事は7日ごとに祝うらしく、例のごとく斗阿留信用金庫駐車場にてココアを啜りながら雑談をした。始まりの日を節目として、毎月その日は月記念日として、1年に一度は記念日として祝うそうだ。これは「お前それを口実に徐々に仲良くなってやっちまえよ」(中村、200X)と中村も述べているとおりごく自然なことのようだ。ちなみに14日からのはあたんとのメール数はすでに300を超えており、現代の中高生のメール依存を示す資料となりそうだ。
  
   200X年2月24日
    日曜日ということもあり、近所の公園へ昼間から赴いた。なぜかこんな寒い中たくさんのアベックがいた。これは、筆者には至極理解不能な現象ではあるが中村らは「そりゃお前、日曜のデートって言ったら斗阿留総合公園だろ」(中村ら、200X)と述べており、通例であるらしかった。さらに「そのままお持ち帰りしちゃえよ。いいな、姫野巨乳じゃん」(神田、200X)と述べるものもいる。しかしながら、中高生における不純異性行為の蔓延が叫ばれる昨今、筆者は慎重な立場をとることとした。交際から未だ10日しかたっておらず、「やっぱ3ヶ月は……」(斗阿留中2年2組有識者ら、200X)という声を尊重して、今回は会話のみに専念した。同日夜にはあたんからのメールにて「もっと刺激がほしいよ(絵文字略)」という指摘を受けた。このことは昨今の中高生は異性関係においても早急な経過を求めるということと同時に、口頭では伝えられない事も電波に乗せてしまえるということを示している。
  
   200X年2月26日
    この日、はあたんの部屋へあがる事になった。折しも二、二六事件の起きた日であったため念のためクーデターに警戒したが、それは杞憂であった。年頃の女子の部屋へ行くという事は筆者にとっては初めての経験ではあった。部屋は全体的にピンクで統一されており、水玉やハートの柄がちりばめられている。クローゼットに収まらないのか壁につるされているワンピースは必要以上にふりふりとしておりかわいらしいものであった。はあたんは飲み物を持ってくるためにキッチンへ向かったため筆者は一人部屋に取り残されたが、タンスはあけなかった。その後たわいもない話をしていると、「目にゴミが入ったからみてくれない?」とはあたんが顔を近付けてきた。目のゴミをとって欲しいというのに不自然に目を閉じているので「それじゃゴミはとれない」というと「ばか」と小声で言った。後に、この行動は「口づけをねだっている」(神田、200X)という解釈がなされたが、結論には至っていない。
  
   200X年3月5日
    3月となり、なにやら皆が浮き足立っているように感じた。「春は恋の季節だから」(斗阿留中2年2組有識者ら、200X)という見解もあり、また一般的に動物において繁殖期であることから納得できることである。一方、まだ薄ら寒く不自然である。基本的に人間においては繁殖期はなく情報に踊らされているのではないかと筆者は感じた。いずれにしろ皆が恋恋と騒ぐのは不思議な現象である。
   
  2-3,結果
  2-4,追跡調査
  2-5,問題点
  3-1,現在
  3-2,今後の展望
  --------------------------------------------------
  ▼
  --------------------------------------------------
  起:平たく言うとふられたのだが、その理由を世間の意見と照らし合わせて考える
  しょう:基本的情報と、経緯
  転:それからの観察
  結:いろいろな意見があるようだが、やはり間違えていない。はあたんがかわいそうなので、再考の機会を与える
  結論:紳士たる筆者の非は認められず、はあたんに再考の機会を与えるべきである。
  ストーキングを合理化する。
  
  0,はじめに
  1,概要
  対象と方法
  2,対象
  2-1,対象の性能
  2-2,対象の作られ方
  2-3,対象の位置づけ
  3,観察
  3-1,経緯観察
  3-2,経過観察
  4,分析
  4-1,行動分析(やってきたこと
  4-2,背景推測
  4-3,分析結果
  5,考察
  3-1,考察
  3-2,問題点
  4,継続
   --------------------------------------------------
  
  --------------------------------------------------
  ◆ side b
  --------------------------------------------------
   え?
   純くんはなんて言うか、鈍感? 私の気持ちに全然気づいてくれないし、気づいているのかもしれないけど何もしないし。それはあたしが思うに意気地なしなんだと思うの。
   だって、こんな可愛いあたしが部屋にまでよんであげているのにキスの一つもしないのよ。信じられる?
  
   それに比べ敬は頼りがいがあるって言うかリードしてくれるから、好き。やっぱ男の子はちょっと強引なくらいがちょうど良いと思うよ。ゆっちゃんもそう思うでしょ?
   敬ったら、あたしになんて言ったと思う? 「そんな意気地なしより俺の方が初芽を愛してる」ってさ。そしてその場でキスしたの。いきなりだから驚いちゃったけどさ、でもキュンとしたね。やっぱあたしはこういう恋がしたかったんだって思った。
  
   ん?
   敬はちょっと不良っぽいけどかっこいいから……。
   あ、純くん?
   なんて言うか、悪い人ではないんだと思うんだけどね。なんか、奥手って言うか大人しいなって。あたしが付き合ったら何か変るかなって思ったけど、そうでもなかったみたい。よくさ、ぱっとしない子が付き合い始めたらがらっと変って可愛くなったりするじゃない? そうなるかなって思ったんだけど、何か微妙。
   あたしがうまくリード出来なかったのかもしれないけど、でも、あれで何も出来ないのは単なるチキンよ。
  
   それに比べ敬は……。
  
   え?
   まだ、純くんの話? いや、良いけどさ、別に何とも思ってないよ。キライじゃないし。でも、それ以上に今は敬しか見えないってことかな。
  --------------------------------------------------
  ◆ side c
  --------------------------------------------------

方向性を変えてみる

こんばんは。

稲葉うさぎです。


最近全然パソコン君さわれない。

某サイトにも、顔を出せなくて寂しいです。

創作も、全然出来ないのです。


一応このブログは、物書き見習い補佐役次官稲葉うさぎのブログなので、あまり書くことが無いのです。



そこでちょいちょい考えてみたのですが、ここに私の子(未完成)をupしてみようかな? なんて。

エディタには少し書きかけがあるので、それをここに載せてみて、突っ込んでいただいたり、二次利用していただいたりできたらいいな。なんて。

メモ書きっぽいのから設定や下書きの途中まであるので私の頭の中を垣間見れます(笑)

設定と下書きで主人公の名前が違ったりして読みにくい(爆)



まぁ、そんな感じなので供養に参加していただけたら幸いです。


では、稲葉うさぎでした。

稲葉うさぎは袋叩き中

みなさま、こんばんは。
稲葉うさぎです。


うさぎはお仕事を始めました。

身体もそうですが精神的に、時間的にしんどいです。


みなさまはそんな中、創作をされているのかもしれませんが、うさぎは器用ではありません。


今は、いっぱいいっぱいであまり出来ない感じです。

今に、いくらか余裕が出てきたらまた、暖かく迎えてください。


それまではしばらくこちらの方は放置気味になってしまうかも知れません。

よろしくお願いします。

ト書きってなーに?

連投、第2弾。

最近書けないのです。

こればっかブログに書いているような気もします。


何でだろう?

と、よくよく考えてみると、

妄想→文字化 の段階で手間取って、あたふたしているうちに妄想すら吹っ飛んでしまうようなのです。

そこで、妄想からきれいな文章を書くのは無理だと考え、それを脚本っぽく書いてみてはどうかなとひらめいたのでした。

昨日、ちょろっと調べたところによると、脚本の書き方みたいなHPがあってちょっと良い感じでした。そこで一旦、脚本のようなものを書いてから文章に書き直せば良いのではないかという事です。


例えば今の私自身を表現するなら、

○うさぎの書斎

うさぎは黙々とパソコンを打っている。窓から風が吹き込んできて顔をあげてはまた作業に取りかかる。廊下から祖母が話しかけしばらくやりとりした後、再び作業をし、パソコンを閉じ部屋を後にする。

祖母「お前も、お茶飲むか」
うさぎ「あ、うん。これ終わったら行くわ」
祖母「早くしないと冷めちゃうよ」
うさぎ「うん、すぐ終わるから」
 間
うさぎ「よし、ブログの更新おわりっと」

……こんな感じで書くらしいです(自信なし)


んで、これを文章にする。

……出来ない。
やっぱ出来ない。

(今のうさぎを象徴していますね)

うわー、だめだー。どうしよう。


さて、この辺で。

「よし、ブログの更新おわりっと」
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。